アジアの高速鉄道

近年急速な開発が進められているアジアの高速鉄道事業は、日本企業が積極的に関わっている分野でもあります。技術とノウハウを輸出しようと、JRや車両を製造するメーカー、総合商社などがタッグを組んでしのぎを削っています。成功している事例もある反面、他国の高速鉄道のプロジェクトが採用されることもあり、新幹線の技術が優れていると言えども、ライバルのヨーロッパの企業がアジアの高速鉄道に積極的に参入している現実があります。

アジアの高速鉄道を牽引してきた日本の新幹線が注目されてきましたが、現在は日本以外にも、中国、台湾、韓国などで各国の都市部間を結ぶ高速鉄道が開業してきました。しかし、事故などのニュースを日本でも報道する機会も多いことから、新幹線と比べると他のアジアの高速新幹線は信頼性と安全性が劣っている部分もあります。それでも、日本の技術も含めてアジアの高速鉄道を盛り上げていこうという機運が高まっているのも事実です。日本だけでなく世界中のメーカーがアジアに注目しています。

アジアに旅行に来る外国人はとても多いです。日本に来る外国人も新幹線に興味を持っています。せっかく日本に来たから乗ってみたいけど、乗る機会が無い場合は一目でも見たいという思いがある人もいます。

当サイトでは、現在発展を遂げているアジアの高速鉄道に関して解説をしています。日本の新幹線だけでなく、中国、台湾、韓国などのアジア各国でどのような高速鉄道が走っているのかを知っていただけたら幸いです。